横浜市営地下鉄、昼間割引回数券などの利用可能日を拡大

鉄道 行政

横浜市交通局は消費税率の引上げに伴う運賃改定(6月1日)にあわせ、市営地下鉄の回数券制度を一部変更する。これにより土休日割引回数券と昼間割引回数券の利用可能日が拡大する。

土曜・休日と12月31日、1月2・3日に限り利用できる土休日割引回数券(14枚)は6月1日以降、新たに12月30日を利用可能日に加える。昼間割引回数券(12枚)も現在の平日10~16時に加え、土休日割引回数券の利用可能日を終日利用できるようにする。既に購入済みの回数券も同様の扱いとする。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集