京都市営地下鉄烏丸線、来年1月からホームドア導入

鉄道 行政

烏丸御池駅に設置されるホームドアの構造。2015年1月から使用を開始する。
  • 烏丸御池駅に設置されるホームドアの構造。2015年1月から使用を開始する。
  • 烏丸御池駅ではホームドアの設置に先立ち、列車の停止位置を今年6月に変更する。
京都市交通局は5月26日、市営地下鉄烏丸線の烏丸御池駅(中京区)にホームドアを設置し、2015年1月から使用を開始すると発表した。

同駅の烏丸線ホームに設置するホームドアは可動式ホーム柵で、扉幅約3m、高さ約1.3mのスチール製。車掌が車両の扉とは別にホームドアの開閉操作も行う。また、柵の設置に備えて今年6月から烏丸御池駅の列車停止位置を変更。1番線ホーム(竹田方面)は6月22日初発、2番線ホーム(国際会館方面)は6月21日初発から、それぞれ国際会館方に13m移動させる。これによりホームでの混雑を緩和し、車掌からの見通しをよくして安全性の向上を図るという。

交通局によると12月まで柵の製作と設置を進め、2015年1月から使用を開始する予定。同駅での運用状況を踏まえ、四条駅と京都駅でもホームドアの使用を開始できるよう取り組んでいく。総事業費は約9億7000万円を見込んでいる。

同じ京都市営地下鉄の東西線では、開業当初からフルスクリーンタイプのホームドアが全駅に設置されている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集