混乱のウクライナ、一般市民が政府軍の戦車で「暴発」[動画]

自動車 社会 社会

反ロシア派と、、親ロシア派の間での対立による混乱が続くウクライナ。そのウクライナで、一般市民が戦車を「暴発」させるという前代未聞の出来事が起きた。

この事件は5月9日、ウクライナ南東部のマリウポリの市街地で発生。ウクライナ政府軍が乗り捨てた戦車の周囲に、好奇心からか、何人かの市民が集まっていた。

すると、この人々、戦車を眺めているだけでは物足りず、戦車に乗り込み、あれこれと操作し始めた。燃料切れなのか、それとも故障のためか、戦車が動き出すことはなかったものの、ひとりが機関銃に手を触れた瞬間に…。

この戦車の暴発により、老人が、飛んできたレンガの破片で負傷したとのこと。事件の一部始終を捉えた映像は5月11日、動画共有サイトで公開され、再生回数が50万回に迫っている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集