JX、ベトナムで二輪・四輪用潤滑油製造工場の開業式典を実施

自動車 ビジネス 海外マーケット

JX日鉱日石エネルギーは5月22日、ベトナム・ハイフォン市の潤滑油製造販売会社「JX NIPPON OIL & ENERGY VIETNAM(NOVE)」の潤滑油製造工場開業式典を開催した。

同社は、東南アジアにおける潤滑油販売の強化・拡大の一環として、2012年9月に100%子会社であるNOEVを設立。2013年2月に工場の建設を開始し、同年11月に完成、今年2月に商業生産を開始し、3月には製品出荷を開始している。

約9000万人の人口を抱えるベトナムでは、2012年の二輪車販売台数が350万台に達し、中国、インド、インドネシアに次ぐ世界第4位の二輪車市場となっている。今後も同国においては、5%前後の経済成長が続くと予想され、主要都市のインフラ整備も進められていることから、潤滑油需要のさらなる拡大が見込まれる。

NOEVでは、こうした潤滑油需要増に対応すべく、2020年には約4万キロリットルの生産を計画しており、ベトナム国内において、二輪車・四輪車メーカー向け潤滑油や、ENEOSブランドの自動車用および工業用潤滑油などの販売を拡大していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集