【新聞ウォッチ】タイ軍がクーデター、トヨタ、ホンダなど夜間操業中止

モータースポーツ/エンタメ 出版物

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2014年5月23日付

●タイ軍クーデター、閣僚・デモ指導者拘束(読売・1面)

●ソニーリストラに3000億円、平井社長「年度中にやり切る」 (読売・8面)

●LCC曲がり角、パイロット不足で欠航続発(毎日・2面)

●経団連現新会長来週に中国訪問(毎日・4面)

●富士重EV再参入、6年以内に米で自社開発車(産経・11面)

●外環道三郷JCT、「追い越し車線走行違反」、埼玉県警、8年余り2400人誤摘発 (東京・27面)

●国民車「プロトン」テコ入れ、マレーシア・マハティール元首相、会長に就任「政府の保護策必要」(日経・7面)

●「Z」のオープンカー日本向けモデル日産生産中止へ(日経・13面)

●トヨタから調達拡大へ、富士重初のPHV部品(日経・15面)


ひとくちコメント


政府側と反政府派の対立による政情が混乱しているタイで、国軍幹部がクーデターを決行したという。戒厳令を発令して以降、軍主導で対立する政治勢力間の対話を模索していたが、不調に終わったことで、クーデターに踏み切った模様だ。

きょうの読売、毎日、産経の3紙が1面トップで報道。他紙も大きく報じている。

タイには自動車をはじめとして日本企業が多く進出している。その数は3900社を超えているが、現地での営業や生産活動への影響が懸念される。きょうの各紙も「タイ進出企業、影響危惧」(朝日)、「トヨタとホンダ夜間の操業中止」(東京)、「タイの日本企業緊張感」 (日経)などと伝えている。

すでに、タイ軍がクーデターを宣言し夜間外出禁止令を出したことを受けて、トヨタ自動車が現地時間の5月22日午後7時半から23日午前4時半までの夜間の操業を中止。またホンダもアユタヤにある工場での夜間操業を22日午後8時で中止した。

トヨタ、ホンダとも23日の日中は通常通り操業し、夜間については状況をみて判断するというが、長期化すれば各社のグローバル生産計画にも影響を与えかねない。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集