ロールスロイスのコーチラインを描くのは元看板職人

自動車 ビジネス 企業動向

ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッドでコーチラインサイドなどの細いストライプ)などのペインティングを担当のマーク・コートさん
  • ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッドでコーチラインサイドなどの細いストライプ)などのペインティングを担当のマーク・コートさん
  • ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッドでコーチラインサイドなどの細いストライプ)などのペインティングを担当のマーク・コートさん
  • ロールス・ロイス ゴースト
  • ロールス・ロイス ゴースト
  • ロールス・ロイス ゴースト
  • ロールス・ロイス ゴースト
  • ロールス・ロイス ゴースト
  • ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッドでコーチラインサイドなどの細いストライプ)などのペインティングを担当のマーク・コートさんの作品
ロールス・ロイス・モーターカーズは、コーンズモータースと共同で“ロールス・ロイスアイコンツアー”を開催。それに伴い、イギリスのグッドウッドにあるファクトリーから職人が来日した。

その一人は、ロールス・ロイス・モーターカーズ・リミテッドでコーチラインサイドなどの細いストライプ)などのペインティングを担当のマーク・コートさんで、「これまで約2000台のクルマにコーチライン(を描いており、現在ロールス・ロイス社内では私一人だけだ」というベテランだ。

コーチラインの描き方についてマークさんは、「まずマスキングテープを、書き始めの目印として最初のところに少しだけ貼り、その下から鉛筆で線を描く。その後、マスキングテープを剥がして、その鉛筆をたどってペイントでコーチラインを描くのだ」と説明。

その際の心構えについて、「周りで何が起こっても気にならない集中力が必要だ。実際に描く際には息を止めている。トレーニングを受けた時も秘訣として息を止めてといわれたので、無意識でそうしているようだ」という。

因みに、通常『ファントム』であれば、「4時間くらいで描き終わる」と述べる。

マークさんがコーチラインを描くようになったきっかけは、「もともとは看板職人で、真っ直ぐの線を引くというのはその仕事の要件のひとつだった。ロールス・ロイスに入社した時には、既にそういうスキルは身に着けており、それを実際のペイント作業の中で自分が出来ることはと考えた結果なのだ」と話す。

最後にマークさんは、「この仕事には、毎日やりがいを感じている。なぜなら、例えば新しい色を生み出したり、新しいユーザーの要望に応えるなど、自分にとって新しいチャレンジが毎日のようにあるからだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集