【BMW 4シリーズ グランクーペ 発表】プレミアムミドルクラスで揺るぎないブランドに…アラン・ハリス社長

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
  • BMW 4シリーズ グラン クーペ
5月21日、BMWは東京都千代田区においてミドルクラスの4ドアクーペ『4シリーズ グランクーペ』を発表した。

4シリーズ グランクーペは、2ドアモデルの『4シリーズ クーペ』、オープンモデルの『4シリーズ カブリオレ』に続く第3のモデルで、ミドルクラスにおける4ドアクーペは同社初となる。

4シリーズ グランクーペは「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、「BMW SOSコール」といった安全装備が標準搭載され、全車エコカー減税対象となる。

発表会においてBMW代表取締役社長のアラン・ハリス氏は「2014年1~3月は前年比27パーセント増となる過去最高の販売を記録することができた。4シリーズ グランクーペの投入でプレミアムミドルクラスのラインナップを充実させ、その立場を今以上に揺るぎないものにしていきたい」と述べた。

4シリーズ グランクーペの価格は516万円から。6月21日より全国のBMW正規ディーラーで発売を開始する。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集