ベントレー、英本社に140名を追加雇用…新型車の開発・生産準備

自動車 ビジネス 企業動向

ベントレーの英国クルー本社工場
  • ベントレーの英国クルー本社工場
英国の高級車メーカー、ベントレーは5月19日、英国クルー本社で、およそ140名の追加雇用を行うと発表した。同社の1回の採用人数としては、過去10年で最大級となる。

今回の追加雇用は、新型車の開発・生産に備えるのが目的。ベントレーは2013年7月、英国クルーの本社工場に8億ポンド(約1365億円)以上を投資すると発表した。

これは、2016年に発売予定の新型SUVの生産に向けてのもの。ベントレーの新型SUVは2012年3月、ジュネーブモーターショー12に出品されたコンセプトカー、『EXP 9 F』のモチーフを反映させる。

140名の追加雇用の内訳は、中途採用のエンジニアが90名、新卒者が51名。新卒者51名のうちの40名は、主に新型SUVの組み立てに従事する計画。

中途採用のエンジニア90名は、新型車の開発プロジェクトに携わる予定。ベントレーが重視する開発部門の強化を図っていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集