フォード欧州販売、フィエスタ 牽引で6.6%増…4月

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォード フィエスタ
  • フォード フィエスタ
  • フォード レンジャー
  • フォード・トランジット
米国の自動車大手、フォードモーターの欧州法人、フォードオブヨーロッパは5月14日、4月の欧州市場における新車販売の結果を公表した。総販売台数は、9万9700台。前年同月比は6.6%増と、11か月連続で前年実績を上回った。

信用不安によって、欧州市場での落ち込みが続いていたフォードだが、ここ数か月は回復傾向。4月の対前年同月比の6.6%増は、市場平均の4.2%を上回るペース。4月の市場シェアは、前年同月比0.2ポイント増の7.9%に拡大する。

市場別の4月実績は、英国がトップ。前年同月比は11.6%増だった。これに次いだのはドイツで、前年同月比は横ばい。ドイツの1-4月実績は、前年同期比16%の伸びで、市場平均の3.2%を上回った。

4月の車種別実績では、『フィエスタ』が2万9000台で、引き続きフォードブランドの欧州最量販車に君臨。4月としては、2010年に次ぐ販売台数を記録した。小型ピックアップトラックの『レンジャー』も4月の販売記録を更新。商用車の『トランジット』の販売も好調。

フォードオブヨーロッパのRoelant de Waard営業&マーケティング担当副社長は、「西欧の新車販売は回復傾向。新商品投入により、市場平均を上回る成長を続けている」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集