【人とくるまのテクノロジー14】日産、スマート・ルームミラーなど先進技術を出展

自動車 ビジネス 企業動向

日産・ブースイメージ
  • 日産・ブースイメージ
  • 日産 スマート・ルームミラー
日産自動車は、5月21日から23日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2014」の出展概要を発表した。

日産ブースでは、世界で初めて液晶モニターとルームミラーの任意切り替えを実現した「スマート・ルームミラー」を国内初公開する。同ミラーは、さまざまな走行環境においてドライバーにクリアな後方視界を提供。6月より『エルグランド』と『エクストレイル』のオプションとして市場投入する。

また、新型『スカイライン』に搭載した、世界初のステアリングシステム「ダイレクトアダプティブステアリング」を紹介。ステアリングの動きを電気信号に置き換えてタイヤを操舵し、意のままの走りを実現する。

そのほか、前方、側方、後側方、後退時の衝突リスクを低減する「全方位運転支援システム」などを展示。実車によるデモを交えて紹介する。さらに会場には、エンジンのフリクションを低減し高性能と低燃費を両立する世界初のエンジン要素技術「ミラーボアコーティング」の部品等も展示する。

また、特別企画展示会場には、『リーフ』をベースにした自動運転車を展示し、障害物をセンシングするデモを実施。さらに、超小型電動車両「NISSAN New Mobility CONCEPT」の体験試乗も併せて開催する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集