【マセラティ ギブリ 発売】カッツォーリ代表「Eセグで唯一、真の個性と独自性を持つクルマ」

自動車 ニューモデル 新型車

マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリS
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリS
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
  • マセラティ・ギブリ
マセラティジャパンは、『ギブリ』レンジの価格戦略モデル、『ギブリ』の発売を開始する。価格は834万円(税込)。

ギブリレンジには、これまで『ギブリS』 、『ギブリSQ4』があったが、今回導入されるギブリは、同じV6エンジンながらエンジンがデチューンされたほか、オプションの選択肢が少なくなるなどで価格を抑えたモデルである。

ギブリレンジはBMW『5シリーズ』やメルセデス『Eクラス』などと同じ、Eセグメントに属する。同社代表取締役のファブリッツィオ・カッツォーリ氏は、「このセグメントの主流はいわゆるコンベンショナルセダンだった。しかし、近年、例えば、アウディ『A7』やBMW『6シリーズグランクーペ』などに代表される、厳格な意味でのセダン、あるいはスポーツということが出来ない新しいタイプのクルマが注目されている」と述べる。その理由を、「これまでとは何か違うものを求める機運があるのだ」と分析。

カッツォーリ氏は、「ギブリレンジによって、我々はこれまでと違ったもの(価値)を提供することが出来る。つまり、コンベンショナルセダンが持つ、伝統的なアプローチのモデルに対し、チャレンジングなアプローチだ」と話す。

このセグメントの中でギブリレンジは、「個性的なスポーツセダンで、力強さ、スタイル、ブランドの面において卓越している。そして、このセグメントの中で、唯一、真の個性と独自性を持っているのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集