トヨタ決算、豊田社長「今期予想は意志ある踊り場」」…0.3%増益で横ばい

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車の豊田章男社長(右)
  • トヨタ自動車の豊田章男社長(右)
  • トヨタ・パッソ+Hana
トヨタ自動車は5月8日、2015年3月期の連結業績予想を発表した。営業利益は2期連続の最高となるものの、増益率は0.3%増と横ばいを見込んだ。

連結販売台数は、日本が消費税引き上げの影響で減少するため、グローバルで前期を1万6000台(0.2%)下回る910万台の計画とした。販売の伸び悩みを原価改善などによってカバーし、営業利益は2兆3000億円と前期に続いて最高となる。

為替は円ドルで横ばいの1ドル100円を前提とするものの、アジア通貨安などにより950億円の減益要因を見込んだ。純利益は前期比2%減の1兆7800億円と、小幅の減益予想とした。東京で会見した豊田章男社長は今期の予想について「意志をもった踊り場ということで、こうした計画となった。(樹木が)毎年、年輪を重ねるように持続的成長を目指していく」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集