トヨタ、前期営業利益は6期ぶり最高の2兆2921億円

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・アクア
  • トヨタ・アクア
  • トヨタ・プリウス
  • トヨタ クラウン「アスリート ハイブリッド G」(参考画像)
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ 新型ノア&ヴォクシー
  • トヨタ カローラ フィールダー ハイブリッド
  • トヨタの米国主力車、カムリ
  • トヨタ自動車本社
トヨタ自動車が5月8日に発表した2014年3月期連結業績は、営業利益が前期比74%増の2兆2921億円となり、08年3月期(2兆2703億円)以来6期ぶりに最高を更新した。

同期のグループ世界販売は北米や日本が好調で5%増の1013万台と、初めて1000万台を突破、収益を押し上げた。円高是正による増益効果も営業利益段階で9000億円にのぼった。

純利益は90%増の1兆8231億円で、同様に08年3月期(1兆7178億円)以来の最高更新になった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集