JR西日本、関西の鉄道開業140周年で記念セレモニー

鉄道 企業動向

大阪~神戸間の開業140周年を記念したヘッドマーク。5月11日には記念ヘッドマークを掲出した快速列車の出発式が神戸駅で行われる。
  • 大阪~神戸間の開業140周年を記念したヘッドマーク。5月11日には記念ヘッドマークを掲出した快速列車の出発式が神戸駅で行われる。
  • 大阪~神戸間開業140周年の記念弁当。5月11日から神戸・新神戸両駅の淡路屋で発売される。
JR西日本は5月11日、大阪~神戸間の鉄道開業140周年を記念するセレモニーなどを神戸駅で行う。

記念セレモニーは9時10分から40分まで、神戸駅中央コンコースで開催する。来賓のあいさつや神戸市立小部小学校の児童による合唱などが行われる。

続いて9時50分から約5分間、神戸駅3番線ホームで出発式を実施。記念ヘッドマークを掲出した網干8時35分発の米原行き快速列車(221系8両編成)の発車時刻(9時52分)にあわせ、明治時代の制服を着用した神戸駅長が小部小学校の児童代表とともに出発合図を行う。

また、錦絵や当時の時刻表、駅の変遷などのパネル展示を元町1番街商店街YAMAHA前付近(5月10・11日)と神戸駅中央コンコースみどりの窓口前(5月11~14日)で実施。5月11~31日には神戸・新神戸両駅の淡路屋で開業140周年の記念弁当(850円)が販売される。

現在の東海道本線(JR神戸線)大阪~神戸間は1874年5月11日に開業。新橋(現在の汐留地区)~横浜(現在の桜木町)間に続く関西初の鉄道路線として開業した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集