GM、米工場に投資…次期 シボレー クルーズ の生産準備

自動車 ビジネス 企業動向

GMの米国オハイオ州ローズタウン工場とシボレークルーズ
  • GMの米国オハイオ州ローズタウン工場とシボレークルーズ
米国の自動車最大手、GMは5月2日、米国オハイオ州のローズタウン工場に、5000万ドル(約51億円)を投資すると発表した。

今回の投資は、同工場において、次世代のシボレー『クルーズ』を生産するための準備。クルーズは、シボレーブランドの主力コンパクトセダン。北米、中国、欧州などで販売されている。

北米市場には2010年9月に投入。GMのベストセラー乗用車になった。2013年には、ディーゼルエンジン搭載車の米国生産を開始し、ハイブリッド車を除けば、最高の米国EPA(環境保護局)高速燃費を達成した。

ローズタウン工場では、5000万ドルの投資を、新たな内装組み付けラインの整備や、車体プレス工程の改修に充当する計画。

ローズタウン工場のボブ・パーセル工場長は、「今回の投資が、次世代クルーズの生産に向けて最高の体制を整え、顧客の反応を高めることにつながるだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集