4月のトヨタのインド販売、20.4%減…工場一時閉鎖の影響が長引く

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ・エティオス
  • トヨタ・エティオス
  • トヨタ・エティオス リーバ
トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は5月1日、4月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、4月の総販売台数は8328台(輸出を含む)。前年実績の1万0456台に対して、20.4%減と落ち込み、5か月連続で前年実績を下回った。

4月の落ち込みは、3月中旬、TKMがインド国内の2工場をロックアウト(一時閉鎖)した影響が長引いているため。賃金交渉が難航し、一部の従業員が生産を妨害したり、会社を脅迫したりしていることを受けて、TKMが工場のロックアウトに踏み切った。

8328台の内訳は、インド国内販売分が7562台で、前年同月比は16%のマイナス。TKMは2012年4月から、現地生産車の『エティオス』シリーズの海外向け輸出を開始。4月はこのエティオスを、766台輸出している。

「4月22日から、通常の生産体制に戻った。しかし、それ以前は、生産が制限を受けた」と述べるのは、TKMのN・ラジャ営業&マーケティング担当上級副社長。「顧客のサポートと理解に感謝する。タイムリーに新車を届けられるよう、努力していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集