【WTCC 第3戦】連勝中のシトロエン、戦いの舞台は中央ヨーロッパへ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

シトロエン・レーシング(WTCC開幕戦)
  • シトロエン・レーシング(WTCC開幕戦)
  • 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第2戦
開幕2連勝でシーズンを滑り出したシトロエン・レーシング。世界ツーリングカー選手権(WTCC)はここから中央ヨーロッパ連戦に入り、第3戦はハンガリーが舞台となる。

同ラウンドからは今季初のウエイト調整が行われる。ウエイト調整とは、各車の速さの均衡を保つために実施されるもので、各モデルで最も速い車両2台の予選、および決勝2レースでのベストラップタイムを平均化。それを元に重量を調整する。4レースすべてに勝利したシトロエン『C-エリーゼ WTCC』は、全車に最大調整量となるコンペティション・ウエイト60kgが課される。

また、C-エリーゼ WTCCと同じTC1車両はすべて、モロッコとフランスで60kgのウエイトを搭載していたが、シトロエン以外の車両はすべて規定最低重量の1100kgに戻される。

今季すでに2勝、85ポイントを獲得して首位に立っているホセ‐マリア・ロペスは「コーナーが多くタイヤが傷みやすいので、週末を通して配慮しなければならない」とコメント。ロペスに続くセバスチャン・ローブも「テクニカルで難しいコーナーがたくさんある。オーバーテイクできるチャンスがどれだけあるかが問題だ」と語っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集