4月のトヨタ米国販売、13.3%増の20万台…2か月連続で増加

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は5月1日、4月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は19万9660台。前年同月比は13.3%増と、2か月連続で前年実績を上回った。

トヨタブランドの乗用車系では、ベストセラー乗用車の『カムリ』が、3万8009台。前年同月比は19.9%増と、2か月連続のプラス。2013年に新型を投入した『カローラ』は、19.7%増の2万9061台と、2か月ぶりに回復した。一方、『プリウス』は、9.4%減の1万8011台と、落ち込みが続く。

トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力の『RAV4』が前年同月比1.6%増の1万8834台と、4月の新記録。中型SUVの『ハイランダー』も、新型投入により27.7%増の1万2507台と、大きく伸びた。大型ピックアップトラックの『タンドラ』も、23.5%増の1万0217台と引き続き好調。

レクサスブランドでは、SUVの『RX』が、前年同月比15.3%増の8130台と、2か月連続で増加。『IS』は、110.4%増の3780台と、大幅増を維持する。『GS』は1500台を売り上げ、前年同月比は21.4%増。大幅改良を受けたばかりの『CT』は、10%減の1054台と後退した。

トヨタ自動車の2014年1-4月米国新車販売は、前年同期比2.1%増の72万0657台。米国トヨタ販売のビル・フェイ副社長は、「3月から4月への販売の伸びは、2007年秋以来のペース。トヨタブランドでは、とくにトラック系が好調」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集