4月のスズキのインド新車販売、11.4%減…6か月連続で減少

自動車 ビジネス 海外マーケット

マルチスズキ・エルティガ
  • マルチスズキ・エルティガ
  • マルチスズキのディザイア
  • マルチスズキのスイフト
インド新車市場(乗用車)でトップシェアを誇るスズキのインド子会社、マルチスズキは5月1日、4月のインド新車販売の結果を公表した。輸出を含めた総販売台数は、8万6196台。前年同月比は11.4%減と、6か月連続で前年実績を下回った。

8万6196台の販売台数の内訳は、インド国内が7万9119台。前年同月比は12.6%減と、2か月連続のマイナス。輸出は7077台で、前年同月比は4.4%増と、久々の回復を遂げた。

車種別では、主力のサブセグメントの『アルト』『ワゴンR』『エスティロ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『Aスター』などが、合計で6万5786台を販売。前年同月比は14%減と、引き続き前年実績を下回る。2012年2月に発売したスイフトの4ドアセダン、『ディザイア』も、17.7%減の1万6008台と、2か月連続のマイナス。

バンセグメントでは、『オムニ』『イーコ』が8322台を販売。前年同月比は4.3%減とマイナスに転じる。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、新型コンパクトMPVの『エルティガ』を2012年4月に投入。4月はセグメント合計で5011台を販売。前年同月比は5.8%減と、2か月ぶりに減少した。

マルチスズキの2013年度(2013年4月から2014年 3月)までの新車販売(輸出を含む)は、115万5041台。前年比は、1.4%のマイナスだった。2014年度の始まりの4月も、インド国内の燃料価格の上昇や金利高により、新車需要の落ち込みが続いている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集