JR北海道、江差線の運行体制構築などで基本合意

鉄道 行政

江差線は木古内~江差間が5月に廃止され、五稜郭~木古内間は北海道新幹線の部分開業にあわせて第三セクター化される。写真は木古内駅。
  • 江差線は木古内~江差間が5月に廃止され、五稜郭~木古内間は北海道新幹線の部分開業にあわせて第三セクター化される。写真は木古内駅。
  • 江差線の列車は現在、函館本線に乗り入れて運転されているが、乗り入れ区間についてはJR北海道が三セク会社の車両と乗務員を借り入れる形で運転することになる。写真は函館駅。
JR北海道と北海道は4月30日、江差線五稜郭(北海道函館市)~木古内(木古内町)間37.8kmの経営を引き継ぐ第三セクター鉄道会社の安全運行体制の構築と協力内容について、書面による基本合意を締結した。

基本合意によると、JR北海道は安全運行体制を構築するため、国からの事業改善命令などに基づく必要な措置を実施。譲渡資産に対する必要な検査と修繕を、経営分離までに「確実に実施する」としている。

鉄道施設の譲渡額は16億円程度とし、施設の改修や整備、出向社員の人件費の一部なども譲渡額と同額程度をJR北海道が負担。不要資産の撤去費用はJR北海道が負担する。また、経営移管当初に限り運行管理業務の一部をJR北海道が受託する。江差線の列車が乗り入れている函館本線函館~五稜郭間については、JR北海道が三セク会社の車両と乗務員を借り入れる形で運行する。

江差線は五稜郭~木古内~江差(江差町)間79.9kmを結ぶJR北海道の鉄道路線。このうち末端側の木古内~江差間42.1kmは利用者が少ないことから5月12日(11日限り)で廃止される予定だ。残る五稜郭~木古内間は、並行する北海道新幹線新青森~新函館(仮称)間の開業に伴い第三セクター化されることが決まっている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集