ダイハツディーゼル、メンテナンス事業好調で通期業績見通しを上方修正

船舶 企業動向
ダイハツディーゼルは、為替レートが想定よりも円安で推移したのに加え、メンテナンス関連の売上げが想定を上回ったため、2014年3月期連結決算の通期業績見通しを上方修正した。

売上高は前回予想より25億円増となる575億円に上方修正した。

営業利益は前回予想より26億円増の49億円、経常利益が26億円増の49億円となった模様。

当期純利益は13億円を予想していたが、27億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース