マヒンドラ、ホンダ、タタが4月からの自動車販売料金値上げを検討

マヒンドラ&マヒンドラ、ホンダ・カーズ・インディア、タタ・モーターズの各社は、供給エネルギーと操業費用の高騰を理由に、現モデルの販売料金の値上げを検討している。

エマージング・マーケット インド・南アジア
マヒンドラ&マヒンドラ、ホンダ・カーズ・インディア、タタ・モーターズの各社は、供給エネルギーと操業費用の高騰を理由に、現モデルの販売料金の値上げを検討している。

M&M社のプラヴィーン・シャー氏がPTI(Press Trust of India)に語ったところによると、「最終決定には至っていないが、4月からの値上げはやむを得ないだろう」とのこで、同様にホンダも来月からの値上げを検討している。

ホンダ、M&M社とも、減税を受けて先月値下げをしたばかりである。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集