ホンダ・マレーシア、新型シティを発表…第4世代

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ・マレーシア、新型シティを発表…第4世代
  • ホンダ・マレーシア、新型シティを発表…第4世代
ホンダ・マレーシアは19日、第4世代の『シティ』を発表した。

月間販売目標台数は2500台。2月に予約受付を開始してから1800件の予約を受け付けた。

「シティ」は2001年にマレーシアで発表されてから、一番人気のセダン車となっている。14万5000台以上のシティがマレーシアで走行している。

発表されたシティは、マラッカ州の工場で国内組立生産(CKD)される。人間中心主義を具体化した「エキサイティングHデザイン」コンセプトに基づいたモデルで、4種類のバリエーションからなる。

価格は保険なしで「S」が7万3286リンギ、「S+」が7万6208リンギ、「E」が8万1078リンギ、「V」が8万7896リンギからとなっている。5年間の保証が付く。全国のホンダの正規ディーラーで予約受付やテスト・ドライブを行っている。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ・マレーシア、前年比47%の販売増目指す 画像 ホンダ・マレーシア、前年比47%の販売増目指す
  • ホンダ・マレーシア、タイからの部品輸送を鉄道に変更…輸送期間が2.5日に短縮へ 画像 ホンダ・マレーシア、タイからの部品輸送を鉄道に変更…輸送期間が2.5日に短縮へ
  • ホンダ・マレーシア、タイからの部品輸送をトラックから鉄道に変更 画像 ホンダ・マレーシア、タイからの部品輸送をトラックから鉄道に変更
  • 二輪車の文秀ホンダ、燃料補助削減で販売増を見込む マレーシア 画像 二輪車の文秀ホンダ、燃料補助削減で販売増を見込む マレーシア

特集