東京モノレール、新型車両10000形の走行イメージ動画を公開

鉄道 企業動向

10000形の外観イメージ。2014年7月から運行を開始する予定。
  • 10000形の外観イメージ。2014年7月から運行を開始する予定。
  • 1997年から運転を開始した2000形。現在の東京モノレールでは最新の形式となっている。
東京モノレールはこのほど、動画投稿サイトYoutubeに開設した同社の公式チャンネルで、今夏デビュー予定の新型車両10000形のCGによる走行イメージ動画を公開した。



10000形は同社で17年ぶりとなる新型車両で「スマートモノレール」をコンセプトとして設計。アルミ合金製車体の6両編成で、走行装置にはIGBT-VVVFインバータ方式、ヘッドライトや室内灯にはLED(発光ダイオード)を採用し、省エネルギーに配慮している。運行開始は7月を予定している。

動画では、実際の東京モノレールの風景の中をCGによって再現された10000形が走行。既存の2000形をベースとしつつ、従来車両とはイメージの異なる新たな塗装など10000形の特徴がわかる内容となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集