ブリヂストン、ランフラットタイヤ POTENZA S001 RFT を新型スカイラインに供給

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストン・POTENZA S001 RFT
  • ブリヂストン・POTENZA S001 RFT
  • ブリヂストン・POTENZA S001 RFT
  • ブリヂストン・POTENZA S001 RFT
ブリヂストンは、日産自動車が2月26日から発売する新型セダン『スカイライン』に新車装着用タイヤとして、ランフラットタイヤ「POTENZA S001 RFT」を納入する。

ランフラットタイヤは、空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるため、急なパンクでも安全な場所まで移動して停車することができる。また使用されずに廃棄されることの多いスペアタイヤ(応急用タイヤ)が不要になることで、省資源化及び車両軽量化による燃費向上に貢献する。

今回新車装着されるPOTENZA S001 RFTは、空気圧が失われた状態でもタイヤ自体が車輌を支えられるように、タイヤ側面部のサイドウォールを強化したサイド補強型ランフラットタイヤ。パンク時のたわみによるサイド部の発熱を抑える技術「新サイド補強ゴム」や「クーリングフィン」を採用することで、ランフラット耐久性能(タイヤ内の空気が失われた後での耐久性)を維持しつつ、ノーマルタイヤと比べても遜色ない乗り心地を実現している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集