G6アライアンス、アジア~北米西岸航路と大西洋航路の運航を開始

船舶 企業動向

日本郵船は、同社が所属する定期コンテナ船共同運航組織「G6アライアンス」が2014年4~6月期に協調開始するアジア/北米西岸航路、大西洋航路の寄港地を決定したと発表した。

今回の協調拡大は17のサービスで構成し、これまで以上に広範囲、高い利便性と競争力のあるサービスを提供するための寄港地組み合わせを目指した。アジア~北米西岸航路が12サービス、大西洋航路が5サービス。

G6アライアンスは、日本郵船(日本)、商船三井(日本)、APL(シンガポール)、Hapag-Lloyd(ドイツ)、現代商船(韓国)、OOCL(香港)の6社で構成する。2012年3月にアジア~北欧州航路、アジア~地中海航路でサービスを開始し、2013年5月にはアジア~北米東岸航路に協調範囲を拡大した。2014年4~6月期から東西の主要3航路全てにわたって計29のサービスからなるネットワークを提供する。

関係当局との承認手続き完了後、就航する予定だが、協調拡大後も、マーケティング、営業活動は引き続き各社が独立して実施する。

日本郵船は今後もサービスの品質と信頼性の向上を図り、多様化する顧客ニーズへ的確に対応するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集