大雪運休、3社3区間に縮小…御岳山ケーブルカーは22日始発から再開

鉄道 企業動向
2月14日からの大雪の影響で終日運休が続いている鉄道路線は、22日6時30分時点で阿武隈急行の阿武隈急行線富野~丸森間(福島・宮城県)、上信電鉄の上信線南蛇井~下仁田間(群馬県)、秩父鉄道の秩父本線影森~三峰口間(埼玉県)の3社3線3区間となった。

JR線は2月21日までに全線が復旧。西武鉄道の西武秩父線も同日午後に全線再開した。御岳登山鉄道のケーブルカー(東京都青梅市)は22日の始発から再開する予定。

阿武隈急行は除雪に時間を要するとして富野~丸森間の運休を23日まで続けるとしており、富野~福島間と丸森~槻木間で折り返し運転を行う。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 西武秩父線、全線で運転を再開 画像 西武秩父線、全線で運転を再開
  • 東急、元住吉の追突事故を受け積雪時の運行対応発表 画像 東急、元住吉の追突事故を受け積雪時の運行対応発表
  • 大雪の後遺症いまだ…東日本の鉄道各線、運休相次ぐ 画像 大雪の後遺症いまだ…東日本の鉄道各線、運休相次ぐ
  • 首都圏の鉄道、雪で15日始発から運転見合わせ相次ぐ 画像 首都圏の鉄道、雪で15日始発から運転見合わせ相次ぐ

特集

おすすめのニュース