ロールスロイス、ロッキード・マーチンとC-130Jエンジン600基の長期供給契約を締結

航空 企業動向

ロールスロイスは、ロッキード・マーチンからC-130Jスーパーヘラクレス航空機向けに約600基のエンジンを供給する長期契約を結んだ。総額約10億ドルとなる。

ロールスロイスは、AE2100エンジンを、C-130J向けに改造して2025年まで供給する。このエンジンを搭載した航空機を、米政府が2014年から2018年にかけて契約する予定。

ロールスロイスは、T56エンジンをC-130に供給してきたが、AE2100エンジンを搭載したC-130Jは、累計飛行時間が100万時間を越えるなど、ロッキード・マーチンはシリーズ更新計画を進めている。

ロールスロイスは既に、AE2100エンジンを1500基以上供給した実績を持つ。AE2100エンジンは、米国インディアナポリスで試験と組み立てが行われている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集