住友ゴム、ライディングの基本技術向上を目的にした「ダンロップストリートライドステーション」を開催…ダートトレーニングも実施

モーターサイクル エンタメ・イベント

「ダンロップストリートライドステーション2014」 を開催
  • 「ダンロップストリートライドステーション2014」 を開催
ダンロップの住友ゴム工業は、2011年から開催しているライディングスクール「ダンロップセーフティーライドステーション」を、ライディングの基本技術向上を主な目的とした「ダンロップストリートライドステーション」に名称、内容を改め開催する。

イベントは、より安全にバイクを楽しめるよう、ブレーキングやコーナリングなど、バイクを扱う基本技術の向上が目的。イベント内ではバイクの動きと操作の解説、バイクセットアップに関するレクチャーや、参加者へのダンロップオリジナルグッズのプレゼントなどの内容で年間3回開催する。

今年は新たな試みとして、1回は「ダートトレーニングスクール」を開催する。ダートトレーニングは、ロードレースのトップライダーも取り入れているトレーニング方法で、あえて滑りやすいオフロード路面でトレーニングすることで、繊細なバイク操作を学ぶ。低い速度でバイクの挙動を体感できるため、効果的なスキルアップが図れる。

「ダンロップストリートライドステーション2014」は5月10日に神戸港湾教育訓練協会(兵庫県)、6月22日に鈴鹿サーキット(三重県)、11月23日にオフロードヴィレッジ(埼玉県)で開催する。このうち、オフロードヴィレッジがダートトレーニングスクールとなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集