ここにも大雪の影響…スーパーフォーミュラ今季初回の富士公式合同テストは中止に

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

15日、全日本選手権スーパーフォーミュラ(SF)のシリーズ運営団体であるJRP(日本レースプロモーション)は、18~19日に富士スピードウェイで実施予定だった今季の第1回公式合同テストを「雪の影響のため中止する」と発表した。

ニューワンメイクマシン「SF14」登場で注目される2014年シーズンのSFが、大雪によっていきなりの公式日程キャンセルを余儀なくされた。新車イヤーだけに、例年は開幕前に2回実施する公式合同テストを3回に増やし、さらに第1回が2月中旬という早めの始動を試みたJRPだったが、14日からの大雪の影響を受け、18~19日の富士テスト実施は不可能、との判断に至ったものである。

今回の富士テストには、先に実施されたトヨタとホンダ、それぞれの今季モータースポーツ活動に関する発表会で明らかになった全11チーム計19台が揃い、中嶋一貴以外の18選手が参加予定だった(一貴はWECに関するプログラムとの日程重複による不参加だと思われる。SFテストの代走者は未発表だった)。さらに、ホンダ側のSF14開発の中心を担ってきた伊沢拓也(今季はGP2に参戦)もホンダのテストカーで出走を予定するなど、様々な意味で見どころ豊富なシーズンキックオフとなるはずだっただけに、残念である。各陣営も貴重な走行機会を逸し、出ばなを挫かれた格好。4月12~13日の開幕戦鈴鹿までの間に代替日程が欲しいところだろう。

変更スケジュール等は決定次第、発表される(当初予定では第2回が3月3~4日の鈴鹿、第3回が同19~20日の富士)。なお、3月1~2日の鈴鹿ファン感謝デーにおいて、SFのデモ走行が予定されている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集