パナソニック、デイズ ルークス などに車載用ニッケル水素電池システムを供給

自動車 ビジネス 企業動向

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、同社の車載用ニッケル水素電池を用いた「12V エネルギー回生システム」が、日産『デイズ ルークス』および三菱『eKスペース』のアイドリングストップ車に搭載されたと発表した。

アイドリングストップ車は、エンジン始動時だけでなくエンジン停止時もエアコンのファンなどの電力を全てバッテリー(鉛電池)から供給するため、バッテリーの使用頻度が高くなる。

パナソニックの「12V エネルギー回生システム」は、減速時の回生エネルギーを効率的に再利用し、燃費向上やメインバッテリーとなる鉛電池の長寿命化など、アイドリングストップ車の高機能化に貢献する。

パナソニックのシステムは、鉛電池の電圧に合わせた12V設計とし、高温特性を高めたニッケル水素電池セルを採用。変圧器が不要で、制御・冷却システムなどの簡略化ができる点などが評価され、今回の採用に至った。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集