国立天文台、すばる望遠鏡やドーム内を全天球カメラで撮影した画像ギャラリーを公開

宇宙 企業動向

国立天文台は、すばる望遠鏡やドーム内の様子、マウナケア山頂の環境などを全天球カメラで撮影した画像ギャラリー「全天球画像で見るすばる望遠鏡」を公開した。

画像ギャラリーは、上下左右360度を写し出した全天球画像。

今回公開した画像は2014年2月5日(ハワイ時間)に撮影されたもの。前の週大雪が降ったため、マウナケア山頂の雪景色も確認できる。

国立天文台では、厳しい環境の中に設置された「巨大な精密機械」である、すばる望遠鏡が宇宙の謎に挑む姿を、ギャラリーを通じて紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集