フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン

自動車 ビジネス 企業動向

フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
  • フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
  • フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
  • フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
  • フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
  • フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
  • フェラーリ・ジャパンプレジデント&CEOのハーバート・アプルロス氏(左)とニコルコンペティツィオーネ代表取締役社長のニコ・ローケレ氏(右)
  • フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
  • フェラーリ正規ディーラー、ニコルコンペティツィオーネがプレオープン
ニコルコンペティツィオーネ(ニコルグループ)は、フェラーリ・ジャパンと正規ディーラー契約を結び、2014年春に横浜にショールームをオープンする。

正式オープンを前に、一部報道陣にショールームを公開。その席上でニコルコンペティツィオーネ代表取締役社長のニコ・ローケレ氏は、社名の由来について、「コンペティツィオーネはイタリア語でレーシングという意味だ」という。

「私の叔父のフシュケ・フォン・ハンシュタインが1940年、イタリアのミッレミリアにおいて、BMW『328』で優勝したのだ。ハンシュタインがいなければ、私はレースに興味を持つことはなかっただろう。従って、その時がニコルコンペティツィオーネの始まりだ」とニコ氏。「偶然にも1940年のミッレミリアでは、エンツォ・フェラーリが作った最初のクルマであるアウトアビオ815がデビューした年でもあった」と話す。

ニコ氏は1974年からレース活動を開始した人物で、ニコルグループはモータースポーツをルーツとして誕生している。ニコ氏は、フェラーリとの“縁”について、1974年にフェラーリはF1グランプリで50回目の優勝したことや、自身が初めてレースで優勝した1975年に、フェラーリはドライバーズチャンピオンシップとワールドコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したことなどを挙げ、「昔からエンツォ・フェラーリを尊敬している。彼はレースから自分のビジネスを始めた事業家だった」と述べ、「あきらかにフェラーリと私の最も強いつながり(共通点)は、モータースポーツがルーツの部分だと思っている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集