ヒストリックカー・ランチ・ミーティング2014…新たなクラシックカーの賀詞交歓会開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

2月2日、葛西臨海公園 第二駐車場(東京都江戸川区)においてヒストリックカー・ランチ・ミーティング2014が開催された。主催はヒストリックカークラブ95。

このイベントは、毎月第3日曜日、首都高速道路大黒パーキングエリアにてミーティングを行っている、横浜を中心に活動している同クラブが中心となり初開催。賀詞交歓会と親睦を兼ねて、公園で昼食をとりながら気軽に集まれるランチミーティングだと主催者はいう。参加資格は1980年まで生産されたクルマ及び同型車。あるいは主催者が認めたクルマで、約380台ものエントリーがあった。

当日見られたクルマは1960年代から1970年代が中心のバラエティに富んだもので、隅々まで見学をしても飽きることはなかった。中でも特に珍しかったのはフォルクスワーゲン『カルマンギアTC』というクルマで、カルマンギアをベースにブラジルで作られたクルマだ。そのほかにもBMW『イセッタ』やメッサーシュミットなどのバブルカー、多数のロータス、ランボルギーニなども参加し、見学者の目を楽しませていた。

少々雨に降られたものの、広い会場には早朝から続々と参加車が集合。混乱もなく整然と駐車場へ誘導する様子はとても1か月半で準備したとは思えない程であった。さらに、主催者はエントラント向けに鍋を用意するなど、ホスピタリティ満載のイベントであった。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集