三菱自相川次期社長、「技術とデザインでブランド力を再構築」

自動車 ビジネス 企業動向

社長交代を内定した三菱自動車工業は2月6日、東京の本社で会長に就任く益子修社長と次期社長の相川哲郎常務が記者会見し、新体制の狙いなどを述べた。

席上、相川常務は社長として力点を置く方針について「技術とデザインでもう一度三菱のブランド力を再構築したい」と語った。技術については「先頭を走っている電動化、そして4輪駆動制御がわれわれのコア」と指摘。「これらを生かせるのがSUVであり、環境に優しく走りもいいということで、他社との違いを出したい」と述べ、SUVを中核に商品強化を図る方針を示した。

また、デザインについては「会社の規模に関係なく競争できる分野。無限の可能性があるので、大手の企業にも勝てるよう取り組みたい」と表明した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集