【デリーモーターショー14】VWの小型SUVコンセプト、タイグン …オフロード仕様に進化

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
  • フォルクスワーゲン タイグン の新仕様
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは2月5日、インドで開幕した「第12回オートエキスポ2014」(デリーモーターショー14)において、コンセプトカーの『タイグン』(Taigun)の新仕様を初公開した。

タイグンは2012年10月、ブラジル・サンパウロモーターショー12でワールドプレミア。車名は『ティグアン』(Tiguan)に良く似ているが、タイグンはティグアンの弟分として、将来発売予定の小型SUVを示唆したコンセプトカー。

ボディサイズは全長3859×全幅1728×全高1570mm、ホイールベース2470mm。ティグアン(全長4430×全幅1810×全高1710mm。ホイールベース2605mm)と比較すると、タイグンはひと回り以上小さい。

今回、フォルクスワーゲンは、デリーモーターショー14において、タイグンの新仕様を初公開。サンパウロモーターショー12のモデルに対して、背面スペアタイヤを新採用。これに伴い、リアゲートの開閉方法も見直した。この結果、オフロードテイストを一層鮮明にしている。

搭載エンジンに変更はない。新世代コンパクトカー、『up!』用がベース。直噴1.0リットル直列3気筒ガソリンをターボチャージャーで過給した「TSI」ユニットは、最大出力110ps/5000rpm、最大トルク17.8kgm/1500rpmを引き出す。

車両重量は998kgに抑えられ、0‐100km/h加速は9.2秒、最高速は186km/hの性能。欧州複合モード燃費は21.3km/リットルと、優れた環境性能も実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集