マツダ毛籠常務、CX-5「AWDサブセグメントに食い込む余地がまだある」

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • マツダ CX-5
  • マツダ 毛籠勝弘常務執行役員
  • マツダ決算会見
マツダの毛籠勝弘常務執行役員は2月5日に都内で開いた決算会見で、『CX-5』について「AWDのサブセグメントにはかなりまだ食い込む余地がある」とした上で、「きめ細かな商品対策で、このセグメントでのプレゼンスを是非確立したい」との考えを示した。

毛籠常務は「CX-5は(2012年の)発売以来、非常に世界中で好評で、今年は30万台以上のペース。まだまだ引き合いが強い。中身を分析すると乗用車的なクロスオーバーとしてのイメージ、使い勝手を喜んで頂いているお客様多い」と説明。

さらに「AWDのサブセグメントにはかなりまだ食い込む余地があるので、そのあたりのマーケティング強化をしていきたい。例えば2.5リットルモデルを北米で追加して以降、販売数が増えている。ライフサイクルにわたってきめ細かな商品対策を打つことで、このセグメントでのプレゼンスを是非確立したい」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集