【スズキ ソリオ 試乗】DJEを得て加速もよりストレスなく…島崎七生人

試乗記 国産車
スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオ
昨年『スイフト』で登場したデュアルジェットエンジン&エネチャージが『ソリオ』にも搭載され、2013年11月18日から発売されている。

2WD車で25.4km/リットルのJC08モード燃費を達成、従来より+17%、3.6km/リットルの燃費向上。また4WD車は全車デュアルジェットエンジン搭載となる。

実際に試乗してみると『スイフト』以上にメリットを感じた。加速が断然スムースになり、実用車ながらまったくストレスがない。2000~3000rpm台を使いながら快活な走りが手に入る。メカ的な効率のよさは軽快なエンジン音からも実感できる。ステアリングに若干の振動を感じるものの、もともと乗り味がフラットだった同車だが、パワーユニットのアップデートで、より走らせやすくなった。

LEDランプを組み込んだフロントグリル、新形状のエアロパーツや空力を意識したアルミホイール、ワンタッチ機構のボタンがついたパワースライドドアなどもポイント。インテリアでは、スイフトと共通のステアリングホイールや後席用テーブルなどが備わり、装備面でも充実度をアップさせた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集