【アウディA3/S3セダン 発表】訴求ポイントは、サイズ・デザイン・装備・クワトロ

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ・A3セダン
  • アウディ・A3セダン
  • アウディ・A3セダン
  • アウディ・A3セダン
  • アウディ・A3セダン
  • アウディ・A3セダン
  • アウディ・A3セダンとアウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏
  • アウディ・A3セダン
  • アウディ・A3セダン
アウディ『A3/S3セダン』の訴求ポイントは、サイズ、デザインと装備、アウディが持つクワトロ技術の大きく3つだという。

サイズについて、アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏は、「近年セダンは自社も含めて大きくなってきたことに対応して、A3セダンは4.46m、幅は1.8m以内と、日本の道路事情や、(既存車のサイズが大きいことから)マンションなどで入庫可能な駐車場が少ないというユーザーニーズに確実に応えた、プレミアムなコンパクトセダンだといえる」と述べる。

また、デザインと装備に関しては、「日本ではセダンというと少し古臭いのではというユーザーも多いだろう。しかし、A3セダンのような素晴らしいデザインのクルマを投入することによって、必ずその価値観が変わると思っている」とコメント。「ドイツの持っているプレミアムなデザインと装備のクルマを出すことによって、日本でのセダンマーケットの現状を打破したいと思う」と話す。

デザインの特徴は、アウディの特徴であるサイドウインドウ1に対してドアパネル2の比率は守られ、ルーフラインは後方に行くに従って緩やかに傾斜し、クーペのようなエレガントさと、スポーティさを演出。一貫したアウディらしさとともに、スポーティなプレミアムセダンを表現している。

また、プラットフォームは『A3スポーツバック』とほぼ共通だが、「エクステリアでは、ドアミラー、ドアハンドル、ヘッドライト、シングルフレームの4か所以外は全く新しく、このクルマ用に開発した。従って、単なる派生モデルのセダンではない」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集