JR四国、徳島でバッテリー電車走行試験の出発式と試乗会を実施…1月17日

鉄道 テクノロジー
近畿車輛が開発したバッテリー電車「Smart BEST」。徳島県内での走行試験にあわせ、出発式と試乗会が行われる。
  • 近畿車輛が開発したバッテリー電車「Smart BEST」。徳島県内での走行試験にあわせ、出発式と試乗会が行われる。
JR四国は1月17日、自己充電型バッテリー電車「Smart BEST」の走行試験の実施に伴い、「徳島県内初となる電車走行」を記念した出発式と試乗会を実施する。

「Smart BEST」は近畿車輛が開発した、非電化路線用のバッテリー電車。エンジン発電機と大容量バッテリーを搭載しており、非電化区間でも電車と同様にモーターを使って走行する。2012年10月からJR西日本の鉄道路線で走行試験を開始しており、2013年12月からはJR四国管内で走行試験を行っている。

1月14日から2月7日にかけては、徳島県内のJR線を中心に走行試験を行う予定。1月14~17日は徳島10時33分発~池谷10時54分着、池谷11時11分発~鳴門11時30分着、鳴門13時30分発~池谷13時48分着、池谷14時16分発~徳島14時33分着のダイヤで走行試験を実施する。1月20日~2月7日は土曜・休日を除き、徳島9時9分発~阿波池田12時2分着、阿波池田12時15分発~徳島14時38分着のダイヤで運行される。

出発式は1月17日の13時15分から、鳴門線の終点・鳴門駅の1番線ホームで開催。徳島県知事や近畿車輛の社長が出席し、13時30分発の徳島行き試験列車を見送る。出発式で見送る列車の試乗会も実施し、JR四国の徳島企画部が試乗会の参加者20人を募集している。募集期間は1月10日までで、徳島県内在住者のみ参加できる。

徳島県内の鉄道路線は全て非電化。沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開業した2003年以降、モーターで駆動する鉄道車両が営業運転されていないのは47都道府県中、徳島県だけとなっている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 【第3回鉄道技術展】近畿車輛、次世代バッテリー電車をPR…LA向け電車の先頭部も登場 画像 【第3回鉄道技術展】近畿車輛、次世代バッテリー電車をPR…LA向け電車の先頭部も登場
  • GSユアサ、近畿車輌の自己充電型バッテリ電車に車両駆動用蓄電池システムを供給 画像 GSユアサ、近畿車輌の自己充電型バッテリ電車に車両駆動用蓄電池システムを供給
  • JR東日本、烏山線の蓄電池電車の愛称「ACCUM」に…2014年春から運転開始 画像 JR東日本、烏山線の蓄電池電車の愛称「ACCUM」に…2014年春から運転開始
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース