【CES 14】初出展のマツダ、新世代カーコネクティビティシステムを紹介

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ・ブースイメージ
  • マツダ・ブースイメージ
マツダは、2014年1月7日から米国ラスベガスで開催される家電製品見本市「2014インターナショナルCES」に初出展、新世代カーコネクティビティシステム「マツダコネクト」に関する展示を行う。

マツダコネクトは、スマートフォンなどの新しい通信技術の利便性や楽しさを、クルマに適した形で安全に提供することを狙いとして、今秋発売した新型『アクセラ』に初採用。CES会場では、視認性を最大限確保した7インチセンターディスプレイ、手元を見ない操作を追求したコマンダーコントロール、情報をメーターフード前方に虚像として表示するアクティブ・ドライビング・ディスプレイなど、わき見を最小化し、走行安全性を最優先する新世代HMIを介して情報を扱う運転環境を紹介する。

また、クルマ向けアプリの開発を促すアプリケーションプラットフォームを活用した、「マツダコネクト」の将来ビジョンも紹介。車両や安全に関する情報・要件を自動車メーカーが予め組み込んだ開発環境を用意することで、クルマや安全性に関する知見をもたないアプリ開発者でも、車種によって異なる安全・HMI条件を満たしつつ、自身のアイディアをクルマ向けアプリに活かすことができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集