江ノ電、1501編成をリニューアル…バリアフリー化など

鉄道 企業動向

江ノ島電鉄(江ノ電)はこのほど、1500形の1501編成(1501+1551号)をリニューアルしたと発表した。1986年の使用開始から27年以上が経過したことから、バリアフリー化や省エネルギー化などの改良を施した。

車体外装を更新したほか、パンタグラフもシングルアーム式のものに交換した。行先表示器はLED化され、このうち正面の表示器はカラー図柄が季節により変わるようにした。

車内の内装も更新し、スタンションポールや車いすスペース、液晶ディスプレイ案内装置の新設、乗降口のノンスリップ化、照明のLED化などが行われている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集