関西国際空港、LCC向け「第3ターミナル」を整備を決定

航空 企業動向

新関西国際空港は、関西国際空港にLCC(格安航空会社)ターミナルビル「第3ターミナルビル(T3)」を整備し、LCCターミナルビルを拡張すると発表した。

T3は中大型機の対応が可能な6スポットを設置する。小型機だけなら11機まで対応が可能。平屋建て(一部2階建て)で、総面積は約3万3000平方メートル。2015年度中に駐機場とスポットの供用を開始し、新ターミナルビルを2016年下期に供用開始する予定。

関西国際空港では現在、LCCが国際線で9社週140便、国内線で2社1日28便が就航する、日本最大のLCC乗入れ空港となっている。

2012年10月28日に供用を開始した第2ターミナルビル(T2)は、低コストオペレーションを実現するため、ラウンジなど豪華な施設は整備していないものの、安全、安心を大前提にした、シンプルで、清潔なコンセプトが顧客からも好評となっている。

LCCに対するニーズは今後も高まり、関西国際空港でも近い将来、T2の処理能力には限界が生じると予測されることから、T3の整備を決定した。T3では、T2のコンセプトに磨きをかけるとともに、これまでの空港運営で培ってきたノウハウを駆使し、世界最高水準のLCCターミナルビルの創造を目指すとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集