西武東村山駅付近の連立事業が認可…踏切5カ所を解消へ

鉄道 行政

西武鉄道新宿・国分寺・西武園線東村山駅付近の連続立体交差事業(連立事業)について、事業主体の東京都はこのほど、都市計画事業の認可を受けた。事業期間は2013~2024年度を予定している。事業費は714億円。

東村山駅付近の西武各線を連続的に高架化し、府中街道など5カ所の踏切を解消する。事業区間は新宿線が東村山市本町4丁目~久米川町5丁目間の2305m、国分寺線が東村山市本町2丁目~本町1丁目間の790m、西武園線が東村山市本町2丁目~野口町4丁目間1385m。同時に約0.8kmの側道も整備される。東京都は12月10日、都市計画法に基づく都市計画事業の認可を受けた。

東京都によると、府中街道など5カ所の踏切が解消され、踏切の遮断による交通渋滞や踏切事故が解消され、鉄道と道路の安全性が向上する。また、線路で隔てられた地域の一体化や、鉄道と交差する都市計画道路などの整備が促進され、周辺地域の安全性や防災性が向上するという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集