検索ワードランク、今年のトップは「ラハドダトゥ」…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

グーグルが実施している恒例の「ツァイトガイスト(時代精神)」検察ワードランキングで、マレーシアの2013年のトップはスールー王国軍が進入しマレーシア治安部隊と戦闘になった場所の名前である「ラハド・ダトゥ」だった。

2位は「マレーシア通信マルチメディア委員会」で、「第13回総選挙」は3位だった。また人物名では、ナジブ・ラザク首相やアンワル・イブラヒム元副首相らを差し置いて、何と先ごろ事故死したハリウッドスターのポール・ウォーカーさんだった。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース

特集