【ホンダ フィット 試乗】ガソリン車もあなどれない実力の持ち主…松下宏

試乗記 国産車

ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
  • ホンダ フィット
ホンダ『フィット』はコンパクトなボディの中に圧倒的な室内空間が魅力で、軽快なフットワークで良く走り、燃費性能にも優れるなど様々な魅力を兼ね備えている。3代目モデルもそうした魅力を着実に進化させている。

今回のフィットはモデルチェンジによってボディがやや大きくなり、既に十分に広かった室内空間が更に広がり、ほかのコンパクトカーの追従を許さない広さになった。自在なアレンジを実現するシートと合わせて、一段と使い勝手に優れたクルマになった。

ガソリン車の「13G」に搭載される1.3リットルエンジンは73kW/119Nmのパワー&トルクを発生する新開発のi-VTEC仕様で、ワイドレシオを採用した新開発のCVTと組み合わされている。

このパワートレーンは、燃費を重視したものでありながら、アクセルワークに対する反応など、走りのフィールが相当に良くなった印象がある。というか、市街地から都市高速まで、いろいろなシーンで良く走るクルマという印象を受けた。

もちろん燃費もけっこう良い。試乗中に瞬間燃費を見ていると、ガソリン車でもハイブリッド車と変わらないような数字を示していたから、13Gの実力はハイブリッドに近いものがあるようだ。なので車両価格も含めた経済性を考えると、むしろ13Gの方が有利になるように思う。それくらいに高い実力を持つ。

1.5リッリットルエンジンを搭載した「15X」や「RS」は格段にスポーティな走りを示す。動力性能は97kW/155Nmで、1.3リットルに比べて明確な違いがあるだけでなく、吹き上がりの良さなども含めてとても魅力的なエンジンである。走りの良さという点では断然1.5リッターエンジンの搭載車がお勧めだ。

中でもRSには6速MT車が設定されるほか、タイヤも15Xが15インチの60であるのに対し、16インチの55になるなどで、全体に走り志向の仕様が用意されている。

乗り心地がかなり硬めな印象であるなど、やや古典的なスポーツモデルといった印象がぬぐえない部分があるものの、RSは走り志向のユーザーには絶好のクルマだと思う。

新型フィットではハイブリッド車に注目が集まるが、ガソリン車も経済性を考えると13G、スポーティさを追求するならRSという具合に、なかなかあなどれない性能を持つ。

なお、簡易型ながら追突軽減ブレーキとサイドエアバッグをセットにした「あんしんパッケージ」がオプション設定されている。必ず装着しておきたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

編集部おすすめのニュース

特集