レクサス、プロゴルファー松山英樹選手と3年間の所属契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型(参考画像)
  • レクサス CT200h の Fスポーツ の改良新型(参考画像)
レクサスは12月24日、プロゴルファー松山英樹選手と2014年1月1日より3年間の所属契約を締結したと発表した。

松山選手は現在21歳で、今年4月にプロ転向を表明し、日本ツアーで史上初のルーキーイヤー賞金王、およびルーキー最多タイの年間4勝という戦績を収めた。2014年は、米国PGAツアーを主な舞台に活動する予定で、世界に羽ばたく日本人ゴルファーとして期待されている。

レクサスは、松山選手の世界に挑戦する姿勢が、「AMAZING IN MOTION」というスローガンのもと、「日本発の真のグローバルプレミアムブランド」確立に向けて挑戦し続けるレクサスの姿勢と共通すると考え、今回の契約を結ぶに至った。

今後レクサスは、松山選手の名前および肖像を使った、全世界でのプロモーション活動の権利を獲得するほか、国内外ツアーにおける移動車両の提供など、松山選手へ様々な支援を行っていく予定。また、松山選手は、レクサスロゴをウェアやキャップなどに付けて全てのトーナメントに参戦する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集