西鉄、高架化工事で白木原~下大利間を仮線切り替え…来年3月

鉄道 企業動向

西鉄天神大牟田線で進められている高架化工事の仮線(右)。
  • 西鉄天神大牟田線で進められている高架化工事の仮線(右)。
  • 高架化工事に伴い仮線に切り替えられる下大利駅の見取図
西日本鉄道(西鉄)はこのほど、天神大牟田線の下大利駅(福岡県大野城市)の高架化工事に伴い、白木原~下大利間約1.1kmを2014年3月22日から仮線に切り替えると発表した。駅舎とホームも合わせて変更する。

白木原~下大利間の仮線切り替えは、春日原(福岡県春日市)~白木原~下大利間約3.3kmを高架化する連続立体交差事業の一環。現在の線路から列車の運行を仮線に切り替え、これによって空いた現在の線路敷地に高架線を建設する。高架化により、12カ所の踏切がなくなる。

仮線切り替えと同時に駅ホームも仮線側に変更。現在の西口側駅舎は3月21日で閉鎖となり、定期券発売所と売店は仮駅舎に移転する。仮線での運行期間は2014年3月22日から2020年度までを予定している。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集