【2014年3月ダイヤ改正】小田急、朝ラッシュ時に上り快速急行登場…土休日深夜の準急も

鉄道 企業動向

小田急は来年3月にダイヤ改正を実施。平日朝ラッシュ時に初めて快速急行を設定する。
  • 小田急は来年3月にダイヤ改正を実施。平日朝ラッシュ時に初めて快速急行を設定する。
  • ホーム延伸工事中の小田急多摩線黒川駅。多摩線全駅が10両編成に対応したことから、一部の各駅停車を10両化する。
小田急電鉄は12月20日、2014年3月15日にダイヤ改正を実施すると発表した。平日朝ラッシュ時に快速急行を初めて設定するほか、土休日の0時台に下り準急を増発。多摩線の全駅でホームが10両編成に対応したことから、各駅停車の一部を10両編成で運転する。

平日朝ラッシュ時で初の設定となる快速急行は、現在急行として運転している小田原7時18分発の列車を種別変更。新宿には現在の急行より4分早い8時55分着となる。また、新百合ケ丘駅で同列車に接続する唐木田8時10分発の東京メトロ千代田線我孫子行き急行を増発。両列車を乗り継いだ場合、小田急多摩センター~新宿間の所要時間は43分となる。

このほか、平日早朝に多摩線内の上り急行を1本(唐木田6時00分発)増発。10両編成の各駅停車は、早朝と夕~夜間に上り12本・下り11本を運転する。

土休日は、新宿23時30分発の特急ロマンスカー『ホームウェイ23号』本厚木行きを増発する。また、新宿0時20分発の準急相模大野行きを増発し、これまで各駅停車のみだった時間帯の混雑緩和と速達性向上を図る。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集