フォルクスワーゲン ジェッタ の1.8 直4ターボ、10ベストエンジンに輝く

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは12月12日、『ワーズオートワールド』誌が主催する「10ベストエンジン2014」に、『ジェッタ』のエンジンが選ばれたと発表した。

10ベストエンジンは1995年から行われている。自動車のエンジン性能に着目して、優秀な10台を選出する賞だ。エンジンのエンターテインメント性や環境性能に的を絞って、同誌の編集者6名が16メーカーの44エンジンから、最高の10機種を選ぶ。

選考の条件は、2014年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万ドル(約620万円)以下に限られる。したがって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは、選考の対象外。

今回、10ベストエンジンに選ばれたフォルクスワーゲンジェッタは、最新の2014年モデルで、「EA888型」直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」にエンジンを変更。新型『ゴルフ』にも搭載されているユニットで、最大出力170ps、最大トルク25.4kgmを引き出す。

従来の2.5リットル直列5気筒エンジンと比較して、パワーは同数値。排気量は縮小しながら、トルクは1kgm引き上げられ、とくに低回転域での扱いやすさが増した。フォルクスワーゲンオブアメリカによると、燃費は2.5リットル比で16%向上しているという。

フォルクスワーゲンのパワートレイン開発担当、Heinz-Jakob Neuber取締役は、「新しい1.8直4ターボは、ブランドのリーダー的地位を強化する。パワーと燃費の比類なき両立を提供するエンジン」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集